辰野町の薬局・よつば薬局

のお客様の声

漢方特有「五行論」という概念で身体のバランスを調整

西洋医学は不調そのものの症状を直接打ち消すよう働きかけたり、場合によっては手術で直接不調の元になっているものを取り除いたりと、漢方では対処できないところへ早急に対応できる強みがございます。

一方で漢方薬は不調そのものに働きかけるのではなく、不調を起こしている原因は身体のバランスの不和であるという考えの基、身体全体のバランスを整えることにフォーカスしております。「五行論」という漢方の概念の一つを用いて、身体の働きを五つに分類しそれに対応したお薬を処方いたします。

漢方の基本概念の一つである「五行論」について解説します

「五行論」とは漢方の考え方の一つであり、まずは万物を「木・火・土・金・水」の五つに分類して、それに対応した人体の働きを「肝・心・脾・肺・腎」に当てはめ、個人の体質の理解を深めていくことに役立てます。これらの身体の働きの中で、働きが弱まったものは相生関係で強め、働きが強すぎるものは相克関係で鎮めていくために、生薬の力を使います。

五つの働きのうちの一つ「肝」とは、肝臓のことではなく、筋力をキープするなど体内の血液の総量を一定に保つ働きを司ります。また、肝の機能が低下することで、イライラしやすくなるなどといった怒りの感情の制御が難しくなる傾向が見られます。その際には「抑肝散(よくかんさん)」で肝の不調が怒りという形になったものを鎮めていきます。抑肝散は元々夜泣きする子どもに用いていたのですが、その他にも、おそらく本人は不本意な怒りながら、認知症の影響での攻撃性を鎮める際にも用いられます。

心と秘は気分の波のバランス調整や消化吸収へ対応しています

二つ目の「心」は意識を保ったり覚醒・睡眠のリズムを調整したりする働きをし、この機能が衰えると焦燥感・不安感・不眠・発作性ののぼせ・息切れなどといった不安障害などに繋がる懸念がございます。心の機能を相生関係で補う生薬には、みぞおちの熱を冷ますことでみぞおちのつかえ感を取り除く「瀉心湯(しゃしんとう)」やおなかがゴロゴロする下痢・二日酔いに対処できる「半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)」などがございます。

三つ目の「脾」は食べたものを消化吸収することで、筋肉を形成してそれを維持する働きがあり、食べたものをしかるべきエネルギーに変換します。食欲が湧かない・消化不良・下痢や胃もたれなどが脾の機能低下によってもたらされます。その際に「人参湯(にんじんとう)」を服用して胃を温めて消化吸収を助けたり、「六君子湯(りっくんしとう)」を服用して少なかった食欲を増進させたりなどといった漢方の使い方がございます。

内臓などの不随意運動全般やアレルギーに対応する肺と腎

四つ目の「肺」は呼吸から空気中の気を摂取するなど、皮膚の機能をコントロールする働きをしています。大腸にも大きく関係しており、腸内環境を整えることが皮膚の不調であるアトピーや鼻炎の緩和に繋がることは有名です。咳が出た際にも肺に着眼し、「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」はアレルギー性鼻炎に伴う咳を鎮めることに有効です。しかし「血痰が出る」などの場合は一度西洋医学的な治療が必要なケースがございますので、注意が必要です。

五つ目の「腎」は身体の成長や骨の形成などといった働きを司ります。加齢とともに働きが弱まっていくので、腎の機能を活性化させるために「八味地黄丸(はちみじおうがん)」を用いることで、全身の臓器を活性化へと導きます。お年寄りに限らず、最近の若い方でも添加物が入っているジャンクフードなどの摂取によって、腎機能の衰えが懸念されるため、八味地黄丸(はちみじおうがん)の服用がおすすめです。