Concept

西洋薬と漢方を通して、地域の健康に貢献します

処方せん調剤の他、漢方薬の相談・販売を承っております

医療機関から発行された処方せんに基づいた保険調剤、処方せんのいらない漢方薬の相談および販売を薬局で行っています。西洋と東洋の薬を通して地域の皆様の健康的な毎日に貢献したいと考えております。

お薬は体調を整え、快適に毎日を過ごす上でなくてはならない存在です。処方せん調剤では正しく安全に使用出来るよう丁寧な説明を心がけております。また現在服用中の薬だけでは不十分だったり、日頃の体調管理などを目的とした漢方薬も取り入れ、双方を有効利用してお薬による治療に貢献出来る薬局を目指しています。必要に応じて、気軽に購入できる市販薬のご相談も受け付けております。

西洋と東洋のお薬を使い分けてホリスティックな視点での健康を

現在の長寿や健康に西洋薬が与えている影響は素晴らしいところがたくさんあるものの、それのみでは対応できない不調もあり、その不調には漢方薬で対応できることもあります。
西洋薬のみではなく、漢方薬のみでもなく、両者の視点から俯瞰的に捉えることが大切と考えます。ホリスティックな視点で見えてくる健康への道を、西洋の薬と東洋の薬でサポート致します。漢方薬は風邪・胃腸炎などの急性疾患から腰痛・アトピーなどの慢性疾患まで幅広く対応致します。

竜東線沿いに開局し、気軽に相談に来られる薬局へ

辰野町、箕輪町、伊那市を結ぶ竜東線沿い、辰野東小学校の向かいに薬局を開業し、迷いにくく通いやすいようにと考えました。近隣の医療機関で処方されたお薬はもちろんのこと、日本全国の医療機関で処方されたお薬に対応できますので、皆様のご来局をお待ちしております。
処方せんの対応に加え、普段から漢方相談も受け付けており、主に西洋医学のみでは対処しきれない不調に対して漢方で働きかけることができます。風邪や胃腸炎などの急性疾患や、慢性化したアトピーや腰痛・肩こり・更年期障害・不眠など、また西洋医学的には問題ないとされながら自覚症状のある「未病」と呼ばれる分野の不調に対してもご相談いただけます。お客様の最近の不調やライフスタイル、その他漢方特有の概念である気血水や舌の状態などを見させていただき、総合的な視点で最適な漢方薬をご提案いたします。

生薬を煮出す本格的な煎じ薬から服用しやすい粉状まで

取り扱っている漢方の種類は多岐に亘ります。漢方の面白いところで、同じ病気でも異なるタイプの薬を用いる「同病異治」、異なる病気でも同じ薬で治せる「異病同治」が考え方としてあります。また、西洋薬は純粋な化学物質を薬として用いることが多い中、漢方薬は自然由来の成分を中心に構成されていますので、西洋薬よりも副作用のリスクが少なく、より健康的に服用できます。
ご用意している漢方の種類は大きく2つあります。昔ながらのお客様ご自身に煮出して服用していただく「煎じ薬」、その煎じ薬の水分を飛ばし、粉状にして飲みやすくした「エキス剤」の2つです。その他、生薬そのものを飲みやすいように固めた「丸剤」、粉末の生薬を混ぜ合わせた「散剤」などお客様のご要望に応じたタイプの漢方薬をご提案させていただきます。

フルオーダーメイドの漢方薬に関する疑問点にお答えします

「漢方薬は出来合いの粉状のものを病院から処方してもらったり、市販のものを服用したことはあるけれども、専門家に相談してオーダーメイドで作ってもらったことがない」という方も多いのではないでしょうか。あまり馴染みのないという方にも漢方に関する不明点にお答えし、漢方薬の魅力をお伝えできればと考えています。
西洋薬は不調の原因にピンポイントで働きかけるので、一般的に即効性が期待できます。漢方薬は西洋薬のような即効性はないとよく言われていますが、風邪・胃腸炎など病気の種類や、慢性的な症状でもお薬が体に合っていればすぐに効果を発揮することがあります。一方で、当然慢性的な悩みに対して徐々に不調を整えていくような、より自然に近い形で効いてくることもあります。西洋薬の良さと漢方薬の良さを掛け合わせた、ホリスティックな視点でのお薬のご提案を行ってまいります。

漢方の日常生活で役立つ豆知識などを記事にしています

漢方薬を日常生活に適度に取り入れていくことで、より健康的かつ快適な毎日をお過ごしいただくこともできるため、そのことに関連した記事を漢方薬のプロフェッショナルの視点で執筆してまいります。漢方薬は西洋医学の処置やお薬では対応しきれず、発症の仕組みが未解明という分野の慢性的な不調などにも働きかけることができるところが大きな魅力の一つです。
月経前症候群・更年期障害・不眠・肩こり・腰痛・便秘・気分の落ち込みなど、慢性化しながらも付き合っていかなければならない不調も、漢方薬を定期的に服薬し続けることで身体全体の不調が良くなっていき、次第にこれらの不調も改善することがあります。漢方薬が有効な疾患や、服用する上での注意点、漢方薬を構成する生薬についてなど、より実用的な記事を皆様にお届けいたします。